Twitterでは最新のつぶやきをしています(^ω^)

住友林業で祝上棟〜我が家の上棟物語〜

いらっしゃいませ、ミカンの家ブログへようこそ^^ このブログは住友林業施主である妻ミカンと夫コンタックスが家づくりについてまとめたブログです。 私たちの自己紹介・コンセプトはこちらの過去記事をご覧ください。
関連記事

初めまして。ミカンと申します。 私たちは2020年11月から夫婦で家づくりに興味を持ち始め、2021年12月に完成した32坪の平屋に住む共働き夫婦です。 簡単な自己紹介はこちら。 自己紹介 […]

  先行してインスタの方に投稿しましたが、2021年9月21日に無事、上棟致しました。我が家は32坪の平屋。 我が家の上棟の様子についてまとめました。

 

そもそも上棟とは

 
コンタックス
ついに上棟だね♪
 
ミカン
上棟とはよく聞くけど具体的にどんなことなのかな?
 
生産担当 (現場監督)
上棟とは家の天井の一番高い位置にある横に長い木(棟木)が取り付けられた時の状態を言います。

※上棟とは・・・木造や屋根がある建物では、棟木を乗せた時、鉄骨造では一番上の鉄骨を取り付けた時、鉄筋コンクリート造でも主要な構造体が出来上がった時の状態をいう。(出展:工事の流れがわかる!建築現場用語図鑑)

上棟スケジュール

上棟スケジュール (出展:住友林業株式会社HP クラブフォレストマイページより)

1日目(我が家の場合)

我が家の32坪平屋の場合は上棟工事は2021年9月18日〜21日(うち1日休工日)の3日間かけて行われました。 我が家の1日目の建方工事は コラム建て→床組み→防蟻処理→床の断熱材入れ→床の下地張り という流れで行われました。

コラム建て

朝7:48現場着時点の写真です。クレーンが来ており、今からコラム建てが始まるというところでした。 ちなみに現場に着いたところで生産さんから写真付きLINEが^^ そしてすぐにコラム建て開始!! 一生に一度のコラム建て&ビッグコラムが空を舞う日。ということで私自身かなり舞い上がっていました。 生まれてこのかた一度も工事現場で舞い上がったことなんてなかったんですが・・・この日ばかりは感情が大爆発しました笑 あらかじめ聞いてはいましたが、コラム建てはあっ!という間に終わっちゃいました。 1本のコラムを建てるのにものの数分です。コラムの継ぎ目の端にはボルトのようなものがついていて、はめ込み式になっているようでした。 見てて飽きる暇もないほど早く終わっちゃいます。 平屋32坪の我が家のビッグコラムは12本。写真の通りあっという間に終わっちゃいました。 しかしながら、たったこれだけの工程でしたがかなり感動的でした。

床組み

綺麗な正方形の枠で下地が貼られています。遠目からでもわかる綺麗さ。圧巻です。

防蟻処理

防蟻処理業者が来てしっかりと薬剤を塗布していました。大体155cmの私の腰の高さくらいまでありました。  

床の下地張り

床の下地張りが終わったところです。しっかりとネジが打ち込まれ、点検されていました。もうここまでくると少し家らしくなってきましたね。

2日目(我が家の場合)

残念ながら2日目、私は仕事で現場に行くことができませんでした。主人も少しゆっくり出発したところ、11時過ぎには作業が終了していたとのことでした。 2日目は床の養生のみだったようです。

床の養生

作業終了後の写真のみですが・・・すみません、この日の工程はわかりませんでした。

3日目(我が家の場合)

ついに3日目。この日に上棟完成となります。 この日の工程としては、 天井の基礎づくり→屋根小屋づくり→屋根下地張り→外壁基礎(透湿防風シート・きづれパネル)→窓枠取り付け→サッシ取り付け(一部) 大まかにいうとこういう流れでした。ちなみに窓枠取り付けとサッシ取り付けは当日の工事の進みが早かったので行われました。実際は翌日の予定だったようです。

作業開始時  作業開始時です。生産さんから朝一この写真を送っていただきました。 この風景が1日で様変わりします。  

天井の基礎づくり

しょっぱな天井の柱が取り付けられました。いきなり見応えのある風景から始まりました。

屋根小屋づくり

屋根小屋が作られ始めると驚きが次々と・・・ 屋根でかいな!!ってのが最初の感想です。パースで見るより5倍ぐらいの迫力でした。

屋根下地張り

ここまでくるともう本当に屋根でかい!の一言に尽きます笑 板を貼っている大工さんを一人ニヤニヤして眺めていたら、大工さんの一人が手を振ってくれました。 平屋だとここまででもう住めそうな気持ちすらしてきます。

外壁基礎(透湿防風シート・きづれパネル)

屋根が出来上がると壁の施工が始まりました。 私自身、ハウスメーカー選定の際に営業さんから壁の下地構造についてとても丁寧な説明を受けていたので、この場面はとても感動的でした。 あの時受けていた説明通りに家が作られていく・・・というのはなんとも言えない優越感でした^^ ちなみに私が一番好きな壁の下地パーツは『きづれパネル』。写真2枚目の木材が斜めに組み合わされたようなパーツです。 これによって壁の中に通気層ができ、湿気やカビに強い構造を作り出すことができるそうです。 この辺りの工程で終わりだと朝の時点で伺っていましたが、まだ昼過ぎで早い時間だったので大工さんに工程を確認したところ、 サッシ屋さんの段取りがついたので今日このまま窓枠とサッシも取り付けます、とのこと。

窓枠取り付け

LDKの大開口窓の窓枠を取り付けています。

サッシ取り付け(一部)

一部サッシが取り付けられました。この写真は作業後に現場へ入った時に撮ったものです。

まとめ

さてさて、ここまで我が家の自己満上棟物語をお伝えしてまいりました。 
おかげさまで3日とも天気も良く、素晴らしいロケーションの中で撮影・見学をすることができました。
そして上棟した我が家の写真がこちら↓

もう最高の一言です。この上棟を迎えるに際して、気をつけたこと等も別記事でまとめています。
今後の更新もお楽しみに♪

 
コンタックス
今回はすごく盛りだくさんの回だったね!お疲れ様でした。
 
ミカン
上棟のテンションを盛り込んだよ〜本当に頑張った笑
最新情報をチェックしよう!